*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.21 (Wed)

青春生き残りゲーム 第4話-33

「氷室と森村はどこだ!」

先生が怒るのも無理はない
授業はとっくに始まっているというのに
玲一と森村くんが帰ってこない
それに、何の話をしているんだろう

私は昨日のことを後悔した
なんで森村くんに玲一のことが好きだなんて言ってしまったんだろう
もしも森村くんが口を滑らせて
玲一に私の気持ちを伝えてしまっていたらと考えると恐ろしい

「・・・・姫条・・・姫条!!」
「はっはい!?」

先生に大声で呼ばれた勢いで私も大きな声で返事をしてしまった

「お前、2人を探してこい」
「はあ?なんで私が?」
「お前あの2人の保護者みたいなもんだろ?」
「違います!!」

保護者ってなんだ、友達でいいだろう!
と思いながらも、心配だったし、先生の公認のもと
私は2人を探しに行った


けど、どこにいるのか
思いつくところを手当たり次第探しているけど見つからない

「・・・図書室のベランダ・・・と屋上・・そこに居なかったらもうわかんないわ」

とりあえず図書室に行ってみよう


なな視点に戻りました。


応援よろしくお願いします(^▽^)










  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説4話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。