*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.11 (Sun)

青春生き残りゲーム 第4話-28


「彼氏でもないのにべたべたしすぎじゃね?」
「は?」
「おまえさ、なんなの?ヒメのことどう思ってんの?」

ずっと知りたかった
玲一はヒメのことどう思っているのか
傍から見てれば2人は両思いだ
お互い自覚していないだけで
あぁ、ヒメは自覚したんだったよな

けど、ヒメがどんなに玲一を好きだとしても
玲一には絶対にヒメを任せられない

「オレのことよりお前のことだろ、ななのやつ、絶対おまえの気持ちに気づいてないぞ?」

その言葉が俺の心臓を貫く
そ、それは・・・オレが一番よく知っているんだよ!

そ、それはおいおい解決するとして

「オレのことは今どうでもいいんだよ!お前の気持ちを聞いてんだよ!」

オレは思わず玲一の胸ぐらをつかんでいた

「好きなんだろ!認めろよ!」

掴んでいる手にを玲一に引き剥がされた
睨んでやろうと顔を見ると、玲一は真顔で
ただオレの顔をじっと見ていた

「オレは・・・誰のことも好きはならない」
「はあ?」

くそ、絶対に本心を見せない気なのか!
ムカつく・・・
ムカつくんだよ!



応援よろしくお願いします(^▽^)










  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説4話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。