*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.04 (Sun)

青春生き残りゲーム 第4話-25

気が重い
未遂とはいえ、森村くんにキスされそうになった
あれは彼なりの慰めの方法なのだろうけど
なんというか、顔を合わせずらい
あんな至近距離で男の子と顔を合わせたことなかったし
ドキドキするのは仕方がない

「・・・メ・・・」

「ヒメ!」
「うわぁ!」

呼ばれて、肩を叩かれて
それが森村くんだとわかって思わず叫んでしまった
やばい、まだちゃんと顔を合わせる準備ができてない!

「おはよう!今日もいい天気だね!それじゃあ!」

早くこの場から立ち去りたい
恥かしい、絶対顔が赤い

「待って!」
「あ・・・」

逃げる前に森村くんに手首をつかまれ動けなくなってしまった
恥かしいのを覚悟で森村くんの顔を見ると
森村くんの顔も真っ赤になっていた

なんで、なんで森村くんまで真っ赤になってるの!




応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説4話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。