*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.20 (Sat)

青春生き残りゲーム 第4話-17

ひそひそ話すおばさんの声と
きゃんきゃん吠えている犬の鳴き声
分かっている、理由は私

走って逃げて、疲れてたどり着いたのは
家の近くの公園だった
疲れているのもあって私は電柱にもたれ掛かるように休んでいる
そりゃ不審者に見えるだろうよ
警察呼ばれたらどうしよう
でも、今は動けない
走ったせいもあいまって心臓の動きがおかしくなってる

「森村くんが変なこと言うから・・・」

私が玲一のこと好きだなんて
そんなこと
私自身だってよくわからないのに

「とりあえず家に帰ろう・・帰って頭を冷やそう」

電柱から体を放して家に向かって歩き出す

近道をしようと思って、公園の中に入ると
噴水の前でもめている男女の姿が見えた
あれ・・・なんで

「やめてください!!」
「いいじゃない、誰も見てないわよ?」


揉めていたのは鳥居くんと高井だった
なんで家の近所の公園で揉めてんだよ!
しかも鳥居くん香奈ちゃんどうしたのさ!



応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説4話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。