*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.12 (Fri)

青春生き残りゲーム 第4話-13

「玲一、オレもちょっと疑問に思った。今のなんだ?」
「は?」

今まで黙っていた森村くんが口を開いた
しかもなんかイラついている

「おまえさ、有沢のこと好きなの?」
「何それ」
「それはないか・・・」

森村くんの言葉に、私は胸が締め付けられた
そうか、そういう可能性をなんで私は考えなかったんだろう

「まあ、なんでもいいけど、オレはヒメが傷つくことは見過ごせねーな」
「別に、興味があっただけだよ」
「興味?」
「誰かを好きだと思う気持ちが、どれだけのものか見てみたいだけだ」

それだけ言って玲一は図書室を出て行ってしまった

残された森村くんと私に、図書室にいる生徒たちの視線が集まる
騒いでしまったせいで注目を浴びてしまったんだ
居づらくなった私たちも慌てて図書室を出て行った

それにしても
なんで急にそんなことをしようと思ったんだろう
玲一は何を考えているんだろう



応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説4話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。