*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.16 (Sun)

青春生き残りゲーム 第3話 おまけ-3

動揺している?
そりゃそうだよな、急に名前で呼ばれたら驚くよな

下の名前で呼んだら
ドキドキするかと思ったけど
別になんてことないな

「行くぞ」
「うん・・・・・れ、玲一!」
「・・・・・!?」

「何、驚いてんのよ」
「・・・・そりゃ」
「あんたの名前でしょ?」

姫条の顔を見ると
ニヤニヤしている
いたずらが成功して喜んでいる子供みたいだ

けど、頬が赤い
恥かしがってんのが丸わかりだバカ
けど、名前で呼ばれるのは
悪くない

「そうだな・・・」

えへへ、と笑ってオレの隣を歩き出す
姫条の歩幅に合わせてオレもゆっくり歩く
誰かに歩幅を合わせるなんて初めてだ
けど、それも悪くない



「ずっと、このままでいられたらな」
「?何?なんか言った?」

「なんでもない」




第4話へ続く


これで第3話すべておわりました

応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。