*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.26 (Thu)

蒼色のとき 第5章 幸せの落とし穴 第1話

武史がなんだかいろいろやってくれたから
なんだかどっぷり疲れちゃった・・・

そんなあたしの苦労もしらず
真由と2人で遊んできたとかいってるし!!

なんだよ、なんだよ!
勝手に幸せになっちゃって!!
いや、つきあてるわけじゃないだろうけど

なんだかあの2人最近いい感じなんだよね・・・・


私なんて、部活とかなんとかで
なかなか直樹くんに会えなかったっていうのに!
スポンサーサイト
21:38  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.26 (Thu)

蒼色のとき 第4章 最終話

「あんたさ、何がしたいわけ?」


「・・・・・別に・・・・須藤さんに関係ないじゃない」


「関係ないならなんで私も呼び出したの?何か私に言いたいことがあったんじゃない?」


「・・・・そうね、警告かな?伊藤くんに近寄らないでっていう」


「それこそあんたに関係ないと思うけど?」
06:52  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.25 (Wed)

蒼色のとき 第4章 第10話

笹木にいきおいで告白して
その流れで森永に謝りにいって
森永の話を聞いて
気がついたら・・・・

森永の口と俺の口が重なって・・・・


お、俺は何をしてるんだ!?
07:57  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.24 (Tue)

蒼色のとき Another Story はじまり

伊藤くんという人を知ったのは入学式

友達が、隣のクラスにかっこいい人がいるって騒いでいた

だから、ちょっと興味本位で隣のクラスをのぞきに行った

うん、確かに顔はいいと思う
だけど、そこまで騒ぐほどいい男かな?
07:35  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.22 (Sun)

蒼色のとき 第4章 第9話

ごめん・・・・ひとりにしてくれないかな・・・・
あぁ、聞いたんだ
そうだよ、俺はひどいことをしたんだよ

好きな女がいるのに
他の女とデートして
そんなの、俺が思ってなくたって
思わせぶりな態度をとったって思われてもしかたないもんな


なあ秋、俺どんな顔して学校に行けばいい?
23:20  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.22 (Sun)

蒼色のとき 第4章 第8話

誰でも好きって言われたら
ちょっとくらいいい気になる

自分のことを好きと言ってくれるなんて
そんなうれしいことはない
よほど嫌いなやつじゃない限り


ほんの、ほんの出来心だったんだ・・・・
09:02  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.21 (Sat)

蒼色のとき 第4章 第7話

今まで告白をされたことは何度かある
けど、そんなに深刻になったことなかった

「好きです」とか
「つきあってください」とか

その度に「ごめん」って言ってたような気がする
あのときは、好きな人がいなかった
けど、誰とでもつきあえるほど
いい加減にもなれなかった


けど、今は好きな人がいる
好きな人ができてはじめてわかる

中途半端に期待させることは
「罪」だ・・・

だから、俺はきちんと手紙の子に返事をしなきゃならないんだ
09:04  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.20 (Fri)

蒼色のとき 第4章 第6話

いけない、いけない
勝手に顔がにやけちまう!

笹木とデート
どこに行こうかな~

は?なんだよ秋
気持ち悪い?うるせー!!
俺はな、笹木とのデートコースを考えるのに忙しいんだ!
はあ?だから武史は詰めが甘いって?

ふふ、この勝負
絶対俺の勝ちは決まってるからな!
09:31  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.19 (Thu)

蒼色のとき 第4章 第5話 人気ギャンブル

好きな人に好かれたい
ただのクラスメートから友達になったら
その先の関係になりたいと思うのは当然の欲求だと思う

でも、その当然の欲求を
満たせないでいる・・・・
08:19  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.18 (Wed)

蒼色のとき 第4章 第4話 幸せの悩み 秋サイド②

女の子にも欲望がある
そ、それなりにいろいろある

別にそれはやらしいことじゃなくて
もっと純粋で

好きな人にやさしく
抱きしめてもらいたいとか
そういうこと・・・・

たった一人
直樹くんに
やさしく抱きしめて
もらいたいんだ・・・・・
06:57  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.17 (Tue)

蒼色のとき 第4章 第3話 幸せな悩み 直樹サイド②

言われるまで気づかなかった
つきあうってことは
その先に、そういう行為をすることもあるってこと

秋ちゃんのことが好きだし
大事にしたい
けど、考え出したら止まらない
君を、抱きしめたい・・・・・
07:52  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.16 (Mon)

蒼色のとき 第4章 第2話 幸せな悩み 秋サイド

直樹くんは優しい
私のことを大事に大事にしてくれている
でもね、少し不安になるんだ

直樹くんは、あまり私に触れてくれない
手はつないでくれるけど
それ以上のことはしてくれない
私は、もう少し、直樹くんに触れたいのに・・・・
07:13  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.15 (Sun)

蒼色のとき 第4章 第1話 幸せの悩み 直樹サイド

秋ちゃんが好きだ・・・・
本人に言ったら怒るかもしれないけど
少しウエーブのかかった髪
部活で焼けた小麦色の肌
くるくる変わる表情
小さい手とつないだぬくもり

いっそ抱いてしまいたい・・・・・・
09:00  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.14 (Sat)

蒼色のとき Another Story 須藤兄の憂鬱

秋に彼氏ができた・・・
兄としては気になってしかたがない
当たり前だろ?俺たちはたった2人の兄妹なんだから!
だから!シスコンじゃないっつーの!!
08:45  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.13 (Fri)

蒼色のとき 第3章 第7話 過去④

頑張って勉強して高校に受かったのに
本当なら今頃先生とお祝いしているはずなのに

恋人である先生は
私の目の前にはいない


ううん、恋人と思っていたのは
好きだったのは
私だけだったんだ・・・・

先生は、私のことなんて
最初から好きじゃなかったんだ・・・・
06:45  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.12 (Thu)

蒼色のとき 第3章 第6話 過去③

先生に全部話した
小学校のこと
それから今に至るまでのこと

先生は私が話し終わるまで
黙って聞いてくれた
こんな話をするのは
先生が初めてだった

08:45  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.11 (Wed)

蒼色のとき 第3章 第5話 過去②

1年前、まだ中学生だったころ
私には好きな人がいた
その人は私の恋人だった

ううん、そう思っていたのは
私だけだった・・・・
08:51  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.10 (Tue)

蒼色のとき 第3章 第4話 過去

逃げるから追うのか?
追うから逃げるのか?

そんなことはどうでもいいけど
俺は今、家族や恋人たちが行きかう遊園地内を
ひたすら走っている
07:15  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.09 (Mon)

蒼色のとき 第3章 第3話 恋愛中毒②

初めて笹木を見たのは入学式
正確に言えば生徒玄関なんだけど
あまりの大人っぽさに、年上だと思った
きれいで、背筋がぴんと伸びて
その辺にいた女とはぜんぜん違った
10:03  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.08 (Sun)

蒼色のとき 第3章 第2話 恋愛中毒

子供か、俺は・・・
次の日が楽しみで寝れないなんて
アホだ・・・間抜けだ・・・
完全に中毒だ・・・
16:01  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.07 (Sat)

蒼色のとき 第3章 第1話  片恋

高校に入学して初めての夏休み
つまり、何か口実を見つけないと笹木に会えないわけだ・・・
というわけで、俺はさっきからずっと腕を組んで考えている
笹木に会う口実を見つけるために
08:35  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.04 (Wed)

蒼色のとき 第二章 最終話

真由と武史に背中を押されて
私は、直樹くんの通う城ヶ崎高校を目指して走っていた


約束はしてない
いきなり学校に行くなんて迷惑かもしれない
でも、会いたい
会って、本当の自分を直樹くんに見せるんだ
08:48  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.03 (Tue)

蒼色のとき 第二章 第六話 

誤解ってどうやって解くのがいいのかな・・・
お前の場合、しゃべればしゃべるほど墓穴を掘る?
そうだね・・・・さすがお兄ちゃん、よくわかってる
反論しないのかって?
そんな元気もないんだよ・・・
09:26  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.02 (Mon)

蒼色のとき 第二章 第五話 誤解

放っておいてって言ったでしょ・・・
え?昨日とえらくテンションが違うから気になる?
だ~か~ら~お兄ちゃんに関係ないじゃん
またふられたのかって?
またって何よまたって!
・・・ふられるもなにも、別に私は・・・
09:08  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.01 (Sun)

蒼色のとき 第二章 第四話 偽り

最近浮かれてるなって
そんなことないよ?普通じゃん
う・・・うるさい!デートなんかじゃないって!!
動揺なんてしてないでしょ!
もう!いいから出て行って!お兄ちゃん!!
09:41  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。